和光市民合唱団 指揮者・指導者紹介 

 

指揮者 佐藤宏充 (Hiromitsu Sato)

北海道教育大学札幌校音楽科及び東京藝術大学音楽学部指揮科卒業。指揮法を佐藤功太郎ハンス=マルティン・シュナイトの両氏に師事。これまでに様々な団体において「フィガロの結婚」「魔笛」「ドン・ジョヴァンニ」「コシ・ファン・トゥッテ」「アルチーナ」「椿姫」「シモン・ボッカネグラ」「ラ・ボエーム」「外套」「ジャンニ・スキッキ」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」「カルメン」「ロメオとジュリエット」「天国と地獄」「ヘンゼルとグレーテル」「アマールと三人の王様」「北風と太陽」「花さかじいさん」などのオペラ作品を指揮。また、日生劇場、あいちトリエンナーレ、神奈川県民ホール、びわ湖ホール、東京室内歌劇場他の音楽スタッフとして多数の公演に携わっている。モーツァルト連との「モーツァルト・ミサ曲全曲演奏会」をはじめ、様々な作曲家の「レクイエム」「スターバト・マーテル」などの宗教音楽も数多く指揮している。    現在、東京藝術大学音楽学部及び大学院オペラ科非常勤講師、聖徳大学音楽学部講師、東京音楽大学付属高校講師、二期会オペラ研修所講師などを務めている。
  


合唱指導 古澤 泉 (Izumi Furusawa)

 東京藝術大学声楽科卒業、同大学院独唱科修了、(旧)西ベルリン国立音楽大学卒業。「椿姫」「蝶々夫人」「愛の妙薬」「魔笛」「ジャンニ・スキッキ」「リタ」「第九」、モーツアルト「レクイ工ム」など 多くのオペラ、宗教曲・オラトリオのソリストとして、また創作オペラでも活躍。「あるクリスマス   の出来事」  に続き、CD「古澤 泉が歌う日本の歌ー口マンチストの豚」「詩人の恋」をリリース。現在、日本大学芸術学部講師。日本オペラ協会会員。


パート指導 谷 禮子 

武蔵野音楽大学声楽学部卒業後、二期会合唱団員となる。 和光市民オーケストラ&市民合唱団を設立,現在に至る。「叱られてコンクール」審査員を契機に、「清水かつら」に深く関わり、児童合唱団を通して啓蒙活動17年目。2009年埼玉県「下総寛一童謡音楽賞」を受賞、合わせて和光市より自治功労賞受賞。現在、市内の合唱団&児童合唱団を指導。

 

パート指導 佐藤 圭  

日本大学芸術学部音楽学科声楽コース、同大学大学院芸術学研究科博士前期課程音楽芸術専攻、共に首席で卒業。芸術学部長賞、澤畑徳美賞を受賞。第82回読売新人演奏会に出演。日本クラシック音楽コンクール声楽部門全国大会入選。


練習ピアニスト 坂本力子

 武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ科卒業。うずら児童合唱団の伴奏ピアノを務める。

練習ピアニスト 近藤香織

東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。在学中より伴奏法の指導を受け、数々のコンサートやコンクールにアンサンブル・ピアニストとして出演、受賞。第17回岡山若い芽のコンサート・オーディションにソリストとして合格。現在、国内外の演奏家と 共演を果たす傍ら、雑誌への執筆なども行なっており、その活動は多岐にわたる。


過去の指揮者(1993~2001)

 山岡重信

1931年、東京生まれ。1967年、民音指揮コンクールで入賞。1968年、読売日本交響楽団指揮者。1969年、札幌交響楽団指揮者兼任。1972年、東京交響楽団指揮者。1976年より1年間、文化庁派遣海外研修員として、ドイツ、オーストリアに渡る。その後、群馬交響楽団の指揮者を経て、1987年よりニューフィルハーモニーオーケストラ千葉の常任指揮者。1979年より日本大学芸術学部研究所教授。1972年には、読響を指揮して収録した作品「日本の管弦楽作品 1914-1942」が芸術祭大賞を受賞した。その他の収録作品としてはフルートの名手であるシャンピーエール・ランバル(故人)と協演したものなどがある。2001年まで常任指揮者。