第25回定期演奏会(サンアゼリア開館25周年記念シビックコンサート)

メンデルスゾーン「讃歌」

   2018年5月20日(日)午後2時開演予定

     指揮 佐藤 宏充

合唱指導 古澤 泉

♪ソリスト・プロフィール

ソプラノ  光岡 暁恵/Mitsuoka  Akie

 昭和音楽大学卒業、同大学大学院修了。2002年度文化庁新進芸術家国内研修員。2004年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員としてイタリアに留学。「第2回オペラティックバトル」第1位。第39回日伊声楽コンコルソ第3位。08年静岡オペラ国際コンクール優勝(日本人初)。

 藤原歌劇団では、06年「ランスへの旅」のフォルヴィル伯爵夫人でデビューし成功を収め、「ルチア」「夢遊病の女」「ファルスタッフ」「ラ・トラヴィアータ」「愛の妙薬」等多数の公演で主演し高い評価を得ている。その他、「第九」「メサイア」ソロや、NHK名曲リサイタル等各種コンサートに多数出演。

 第39回川崎市アゼリア輝賞受賞。昭和音楽大学非常勤講師。藤原歌劇団団員。


テノール  中嶋 克彦/Nakashima Katsuhiko

 福岡教育大学音楽科卒業。東京藝術大学大学院オペラ科修士課程修了。同大学院オペラ科博士課程修了、博士号取得。2012年より文化庁在外派遣研修員としてドイツに留学。マインツ音楽大学のバロック声楽コースにて研鑽を積む。鈴木寛一、吉田浩之、佐々木典子等の各氏に師事。第13回日本モーツァルト音楽コンクール第2位。

 J.S.バッハ『マタイ受難曲』『ヨハネ受難曲』等のエヴァンゲリストをはじめ、ヘンデル『メサイア』、ハイドン『四季』、メンデルスゾーン『交響曲第2番(讃歌)』等のソリストとして多数出演。オペラでも、モーツァルト『魔笛』、ロッシーニ『セビリャの理髪師』、ヴェルディ『椿姫』等、多くの作品に出演。


ソプラノ  山口 恭子/Yamaguchi Kyoko

 東京外国語大学イタリア語学科卒業。声楽をルーシー・リン、ウィリアム・マッテウッツィ、照屋江美子の各氏に師事。イタリアにおいて声楽マスタークラスにたびたび参加し、ヴェネタフィラルモニア・オーケストラとのコンサートに出演。

 杉並オペラシリーズ「カルメン」ミカエラ、和光市民オペラ公演「椿姫」ヴィオレッタ、荒川オペラシリーズ「仮面舞踏会」オスカルを務める。その他、ドニゼッティ「マリア・ストゥアルダ」エリザベッタ、モーツアルト「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ、「皇帝ティトゥスの慈悲」ヴィオレッタ等、幅広くオペラ作品に出演するほか、オペラの対訳・字幕等も手がける。